--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-30(Thu)

20070830224206.jpg


<朝 公園で見た空>

今朝見た空ではないのですが

前に公園行ってね
まだ朝な時刻だったから

ちょっと涼しくて
ちょっと爽やかで

空に
もくもくな雲が浮かんでて

そんな空を
思い出したりして

今日はね
雷ごーろごろ

珍しく電気が2度も飛び

おおーっ
近くで落ちたっ

うわーっ
光ったっ

って感じ

どっかり降った雨のお陰で
今は涼しいねぇ

昼ごはんに

久々
チビ達とカレーを作ってみたりしました

玉ねぎむきむき
ニンジンとジャガイモをむきむき

包丁登場

ああ
見てるこっちが怖いよ

なんとかと刃物って

ああ
ホラーだっ

バカヒヨコことチビ②
ニンジンを だすだすっと力任せに切らないっ

チビ①
ジャガイモをみじん切りにしないっ

寿命が縮みそうだ

とりあえず
何とか野菜が切り終わり

さて火にかけようと
思ったら

「カレーって煮ると愛情が入るんだよねぇ」

と相変わらずのチビ①

チビ①曰く
空気には幸せが入ってて
煮込みには愛情が入ってる

幸せそうでいいねぃ

愛情の入ってるらしいカレーは
昼ごはんでほとんど食べてしまい

食べ過ぎだろ?w


♪今日読み聞かせした絵本♪

「ひ・み・つ」 たばたせいいち

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=6833

チビ②は保育園で読んでもらったことがあるそうで

今日は半分くらいまで読みました
チビ達が寝てからこっそり続きを読んでみた

いいお話であります
しみじみ

七夕の話が出てくるんだけどね

そういえば
家にはまだリビングに七夕飾りがあったりして

どうにも捨てるタイミングを失って
そのまま飾ってあったりして

蓄光塗料の折り紙で作った提灯が
電気を消すと ぼやーっと光ってちょい不気味w


カレーがお好きな方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


スポンサーサイト
2007-08-29(Wed)

20070829230546.jpg


<目の覚める夕方>

今日から絵を大きくしてみました

てか
サムネイルから元画像にしただけですがー


元画像は小さくなってたりして

大きくしたような
小さくしたような

そんな感じであります


絵なのですがー

昨日の夕方
仕事上がりに見た西の空であります

まぶしくて

目の覚める夕方
というタイトルですが
寝てた訳じゃないですよー

ちょっくら疲労で
もっさりしてた頭が

しゃきーんとなるような

印象的な空でありました


今日も
まれに見る1日に2コマなお仕事日で

生徒の一人は
今日で夏講座が終了で

黄色の色画用紙に
ジャガイモと玉ねぎと
ニンジンとプチトマトを

かきかき
ぬりぬり

玉ねぎの先っぽの部分で
苦労してますなぁ

見たまま
描いてみよーう

「かけませーん」

はい
そうですかー
描けるなら描いてるわなぁw

わはは


いいかげんな先生であります

終始こんな調子で

今回の夏講座はどうだった?
なんて直接感想を聞いてみる

「楽しかったーw」

いい笑顔であります

そりゃ
直につまらんとは言えんけど

楽しそうに制作してたし
昨年よりも笑顔が多いし

よかったなぁと

でね
夜にね

風呂から上がって
チビ達に絵本を読んで
夕飯の片付けして

リビングの窓を閉めようとしたら

隣の家と
斜め裏の家の
わずかな隙間から

きれいな
白くて丸い月が

今日は十六夜

ちょっと得した気分で
おやすみなさいです


♪昨日読んだ絵本♪

「ふるやのもり」

大好きな絵本でありますw
駄洒落に弱い脳みそであります

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=631

ああ
こわい

新しい家でも
もりはこわいww

家のお世話は大変だっとお思いの方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-29(Wed)

お出かけ

20070829124257.jpg

2007-08-26(Sun)

20070826231451.jpg


<ご近所と夕焼け>

ここ最近は
雲がぼんやりしてきました

秋っぽくなってきた感じ

先日も
薄く広がる雲に

何本もの飛行機雲が
筋になってて

しましま

不思議な感じ

夕焼けもね
薄い雲を綺麗に染めてて

水色の空に
ピンクの綿を薄くのばしたみたい

空を飾ってる

もさーっと
相変わらず空を見上げる日常

そうそう

ここのところ
4コマばっかり描いてたんだけどね

日記を書かないと
落ち着かないっ

てか
忘れる

色々思ってる事とか
気になった事とか

すっかり
忘れる

すっごい悪い記憶力

まぁ
たいしたことじゃないから
忘れるんだろうけど

大事件なら
忘れないだろうし

いや
忘れるかも

でね

この前
車で走ってたらね

「閉店セール」
「一足残らず 二束三文」

って
デカい看板をかかげた店があってね

行くしかないっしょ

てことで
ちょっくら寄り道

でもねぇ
別に買う予定ないし

ぶらぶらと
家族で店内を見てたのよ

そこでね
17cmのピンク色の靴があってね

かっわいー♪

すごいかわいいっ

チビ②の靴が19cmだから
2cmしか違わないのに

この愛らしさ

あなどれんな
2cmって


見つけましたー

30cmの靴

すっげー
デカいっ

初めて見たよ

旦那の靴が28cmだから
これまた2cm差かぁ

やっぱり
あなどれんな
2cmって

確かに
身長差でも2cmって
意外と大きいよねぇ

たかが2cm
されど2cm

そんなことを
思ったのでありました

ああ
忘れる前に
日記に書けてよかったー♪

♪今日の気分な動画♪

http://sds2.jakou.com/player/bump.html

BUMPの試聴機であります
いっつも聴いてたりしてます♪

カウンターの内1000回くらいは
私かも?w

ここ最近のお気に入りは
「supernova」であります

その前は
「スノースマイル」

って
季節感ないね私ww


試聴って便利だよねぇと思う方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-25(Sat)

カナヅチヒヨコ②

20070825224130.jpg

2007-08-25(Sat)

カナヅチヒヨコ①

20070825215710.jpg

2007-08-24(Fri)

それって大人?

20070824225111.jpg

2007-08-23(Thu)

昨日仕事前に
お友達の家へお茶に行った時にね

てか
車をおりた時に見た空

人様のお宅まで行っておきながら
ちょっくら携帯で写真撮っていい?なんて

人でなしであります

20070823225359.jpg


<見上げた空>

眩しくて
日差しが強くて

夏だなぁと
思ったりしたかも



日々
ご機嫌な日常の
日記なんぞを書いてるのでありますがー

たまには真面目な事でも
書いてみよう

常に
肩の力が抜けまくってる私にも

たまには
必死な時もあったりするのです

運悪く
ちょうどまさしく
そんな時に

「頑張ってねー」

とか言われちゃうと

ずーん

これ以上私に
どないせいちゅうんじゃ

と言いたくなったりもして

まぁ
言いませんけどね

言葉ってのは
例えどんな深い意味を込めて話したって

受け取り方次第なんじゃないのかなぁと
思ったりする今日この頃

明らかに悪意のこもった言葉じゃなくても
傷つけたりする事もあるんだなぁと

逆に

どんなに思いを込めても
伝わらなければ意味が無い


今日はね

午前中に
大好きなお友達と
モーニングに行きました

今日はカップが何個たまるか
記録挑戦かっ?

まぁ
そんなことはなく

色々と私の愚痴なんぞを
聞いていただいたのであります

彼女は私に
よくこう言います

「neconaちゃんはよくやってるよ」

その言葉で
何度救われたかわかりません

無神経な激励ではなく

自尊心を傷つけるような同情でもなく

自分を理解してくれているという安心を
彼女は私にくれるのです

心を開ける友人というのは
一生を通してそんなに得られるものではないと

ずっと思ってました

学生時代ならまだしも
優先すべきは家族なんだからと

ここに引っ越してくるまでは
そう思っていました

でもね

優しい人っているんだねぇ

さらっと
気の利いた事ができる

大人だなぁ

彼女に限らず
沢山の優しいお友達に支えて貰ってるなぁと

日々感謝でありますっ


♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=H3w5lsAlATg


まだ夏だったww

まだちょっと早いかっ?

秋になっちゃうよぅさみしいよぅと思ったりする方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-22(Wed)

20070822232113.jpg


<竜みたいな雲>

昨日見た雲であります

仕事上がりの
へろへろな脳みそ

もっさーっと
空を見てたから

そんな形の雲にも気づかず

後から
携帯で撮った写真を見て

なんじゃこりゃ

もうちょっと
観察眼を養わないと損しそうだなぁ

むむぅ


今日は4時から
お仕事で

無謀にも
2時からお茶をしに
お友達宅へ

3時半には帰宅

迷惑な奴であります

お話しながら
アイスティーを

ごくごく


子ども達用に
プラスチックのコップで
麦茶をいただいたのですがー

その柄が気になったのであります

一つは
ドラゴンボール

もう一つは
ポケモン

でね
何が気になったかって

ピカチュウ

何だか顔が
まろーんとしてて

てか
のっぺりしてて

これって
偽チュウ?w

って
言うくらい

顔がっw

耳が後ろに流れてるから
余計にそう見えるのかもしれんがっ

かっ
顔がっww

目線に入ると
めっさ気になるっ

つぶれ偽チュウ

ああ
頭から離れないっ

そうそう
んで

4時からはお仕事で

レギュラーメンバー+夏だけの生徒ちゃん1で

夏講座の生徒ちゃんには
昨日の続き

ごんごんごん

であります

筋肉痛になった?と聞いたところ
なってないそうで

若いのぉ

でも
次の次の日に出たりして
筋肉痛

それじゃぁ
私だよ

本日無事に

ごんごん騒音な制作は完了

お疲れ様であります

日没後に
懐中電灯を缶の中に入れてみた

きらきら
ぴかぴか

ほへー
綺麗だー

カブトムシとクワガタの形に
光が漏れて

机や周りの壁にも

きらきら
ぴかぴか

星座みたい
ほんとに綺麗

レギュラーメンバーも
作りたいという話をいただき

そうだねぇ

もう少し
日が短くなって

教室の時間中に
空が暗くなったらやろうかなぁ

光ってる姿を
見せてあげたいしねぇ

てか
材料がさぁ
トマトの水煮缶の空き缶だからさぁ

生徒の人数分
7個も溜めようと思ったら
けっこう時間かかるっす

毎日
ピザとか?
パスタとか?
トマトスープとか?

むむ

生徒ちゃんよ
気長に待っておくれっ

空き缶が溜まるまでねw


♪今日の気分なサイト♪

http://www.sci-museum.jp/news/text/a050322.html

「下弦の月」なる言葉を先日の日記で使ったのですがー

思いっきり違ってましたw
すっごい勘違い

スイカを食べ終わった後の皮みたいな形が
下弦の月だと思ってたですww

まだまだ
勘違いしてることって
いっぱいありそうww


勘違いをうっかり信じて人に語ってしまった事のある方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-21(Tue)

20070821231205.jpg


<金色の空>

先日の夕焼けであります

ついつい
空が金色になると外へ出てしまい

ピンクになるまでには
家に入り

でも気になって
窓を覗く

何度も覗く

そんな毎日であります

今日は
お絵かき教室が2コマありますた

1時半から3時までの
夏休み講座の子×2名は

トマトの水煮の空き缶に
釘で穴をあけて

蝋燭を入れると
釘で穴をあけた所が光るという

むむ?

何ていう名前なの??
ランタンかっ?


作ったのね

正確には
作り途中だけど


一通り説明してー
下絵を描いてー
缶に油性ペンで絵描いてー

釘を金槌で

ごんごん
ごんごん

がすっ


手たたかないように
気つけてね

もう
たたいてるみたいだけど
大丈夫かっ?

血出るまでは
たたかないでね

むむぅ

大人しく真面目に
制作してるなぁ

ごんごん
ごんごん

では
私はー

ちょっくら
公募用の応募票でも記入すっかねぇ

げげ
ものっそい
いっぱいある

名前書くだけでも
一苦労だっ

ごんごん


机が揺れる

ごんごんごん

むむ
字が曲がる

てか
曲がるなんてもんじゃなく

字なんて
書けんて

はい
諦めましたよ

それにしても
去年よりも釘打つのが上手くなったなぁ

ごんごん

結構
音デカいなぁ
近所迷惑かなぁ

ごんごん

がすっ


手大丈夫?

ごんごん
ごんごん

明日は
きっと筋肉痛

3時に教室は
終了のはずなのですがー

「ここだけ塗ったら終わるねっ」

美少女の笑顔に
かなうはずもなく

いいよー
んじゃそこまでにしようねー

ちょっくら延長

ほのぼのとした
1時半からコース


4時からのレギュラーメンバーは

うむ

いつも通り
元気いっぱい

ふぅ

はい
お疲れさんっw

♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=1DxjzNYDxqU&mode=related&search=

のほほんであります

たまには歩くのもいいかもです♪

そして翌日筋肉痛


運動不足加速中の方は
↓ぽちっとお願いしまっすw



2007-08-20(Mon)

20070819234229.jpg


<大きな入道雲>

連日
空ばかり見上げております

夕方前にね

2階の窓から
入道雲が見えて

いいねぇ
夏って感じでさぁ

と思いつつ

確か入道雲って
雨降るんじゃなかったっけ?

ここ最近
暑すぎだから

雨降っても
いいかも

しばらくしたらね

ごろごろ
ごろごろ

おおぅ

雷だっ

ちょっくら
外に出て
雲でも見てみよう

うはぁ

でっかい入道雲

さっきの雲が
近づいてきて

ごろごろ

携帯で写真撮ってみたけど

大きすぎて
入りきらない


写真を元に絵描いてみたけど

いまいち
デカさが伝わらない

見上げた頭上の空に
もくもくの雲

眺めてると

首が
いたたたになるほどの

大きな雲

ごろごろ

夕焼け時刻に
雨が降り出して

ごろごろ

うっすらと西の空が
染まってるかも


光った

蛇行する光の筋

周りが
ぱっと明るくなる

ごろごろごろ

綺麗だなぁ

普段なら
綺麗に染まってるはずの西の空にね

下弦の月型に
うっすら染まった雲の切れ間があって

大きくて
不気味な笑顔の口みたい

にやりとしてる

雨の日の空ってね
灰色に曇ってるんだと思ってた

どんよりとね

でも
違うんだね

東の空も
ちょっと夕焼けっぽくなってて

いつの間にか
薄くなった入道雲の残骸もあって

これもまた
いいかもね

まだまだ
空を見上げる日々が続きそうです


♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=QL7xw_XX_NE

何だか音が小さいような気が?

しみじみと
歌詞に聞き入ってしまう

今日この頃であります


そろそろ秋っぽくなったかも?とお思いの方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-19(Sun)

まじで?

20070819222905.jpg

2007-08-18(Sat)

うっかり
見つかってしまいました

お隣の奥さんに

連日
夕日を眺めている所を

ここ最近は
めっさ暑いので

お隣さんの犬の散歩が
日没の時間になったようで

うっかり
携帯片手に
夕焼け時に何度も外に出てたら

ばったり
何度も会うのであります

お隣さんは
小型犬×2匹と
大型犬1匹を飼っているので

2度も散歩に
行かねばならんようで

大変ですなぁ


何故かいつも

私が携帯片手に
家の向かいにある集会所の

3段しかない階段を上って
フェンスに頬杖をついて

もさーっと
夕焼けを見てる訳で

こんにちわー
暑いですねー

なんて
普通に声かけてみたりして

お隣さんはとても感じのいい
素敵なご家族であります

時々
娘さんが赤ちゃんなお孫さんを連れて
遊びに来るようで

ちいさなちいさな洗濯物が
風に ひらひらしてて

いいねぇ

懐かしい感じだねぇ

昨日はね
すごく鮮やかな夕焼けだったのね

朱に少し白を混ぜたくらいの
強烈な色

小さな雲が
西の空につぶつぶしてて

それは見事なほどに
鮮やかに染まってた


お隣の奥さんに
またしても会ってみたりして

すごい夕日ですよねー
写真では上手く色が出ないんですよねー

なんて
無理矢理
夕焼け見学会

今日もまた
お隣さんに会って

昨日の方が綺麗でしたねー
まだちょっと時間が早いですかねぇ?

なんて
言いながら

もさーっと眺める

家に入ってからも
2階の寝室から西の空を眺めて

もう少しで
山に日がしずむ

むむぅ
やっぱり見ちゃうね

今日の夕日は
ぼんやりだねぇ

20070818225805.jpg


<ぼんやりな夕日>


山に夕日が半分まで沈むまで見てから

チビ②が車に
プールの用意を忘れたとのことで

それを口実に
外に出た

今日は
淡いピンクの夕焼け

ちょっと秋っぽくなった雲に
よく似合う


またしても
お隣さんだ

こんにちわー

「さっき綺麗な夕日が見えたねぇ」

はいー
私も窓から見てましたー♪

夕焼け見学会発足かっ?w

やっぱり
この時刻に外出てると
気になるよね

夕焼け♪


♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=_yhREIZi0vY

夕焼けとー
youtubeで調べたらー

この曲が出てきましたww

初めて聞いたけどいいかも♪

夏の豪快な夕焼けもいいかもっとお思いの方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-16(Thu)

午後3時頃

ちょっくら
外出でもしようと
家族で車に乗ってみたりして

でもだ
暑いよっ

どこ行こうかねぇ

車でうろうろ

お外は
灼熱地獄


携帯忘れた

まあ
いいや

急ぎの連絡なんて皆無だし

むむ?

車の時計変だよ?

この前修理出した時に
時計リセットされたんだったっけ

てことはだ

今何時??

しばらく走ってるから
さっぱり時間がわからん

携帯無いし

気になると
どうしても気になる

今何時??

車で走ってるとね
よく道端とか学校とかに

時計ってついてるでしょ

そう思ってね
ちらちらと外見て探してたんだけどね

学校らしき建物はあっても
時計がないっ

嫌がらせかっ?

時計くらい
そこいらじゅうに建ててあっても
いいじゃんかぁ

はい
嘘です

探すと無いもんであります

結局近くの
ショッピングセンターに行ったのね

まぁ
建物内は時計ありますわな

ほっ

でね
もう一つ気になってたものがあってね

北の空
遠くにある

もくもくの入道雲

遠くにあっても
大きそう

店に入っても
窓がある度に眺めてて


まだ見える

日没後に花火をやろうと
早めに店で夕食をとり

車で帰宅途中

空に大きな
入道雲

さっきの雲だ

近くに寄って来たんだ

すごい
大きい

写真をとろうと
鞄から携帯を探して


忘れたんだった

帰宅後すぐに
充電完了した携帯を持って外へ

花とコケに水をやりつつ
雲を眺める

てか
雲を見るために

近所をうろうろ

日が暮れていくにつれ
雲の頂上が風にながれて

色も刻々と変化して

ついつい
見ちゃうねぇ

20070816233044.jpg


<夕焼け前の夏の雲>

この後
すごくオレンジ色になって

怖いくらいの色と
覆いかぶさってくるかの様な大きさ

チビ②を呼んで
一緒に窓から眺める

2階にある
全部の部屋の窓から

夕焼けに染まる空を見て

「空にオレンジ色の波があるね 空が海になった」

なるほどね
確かに波打ってる様に見えるかも

覚えてて欲しいなぁ

細かい事はいいから
夕焼けを見て綺麗だと思った事を

覚えててくれるかなぁ

日没後に
家の前で小さな花火セットをやって

花火で光る
チビ達の顔を眺めつつ

大きくなったなぁと

しみじみ

「花火って生まれて初めてだよねぇ?」

おいこら
チビ②よ

去年も
その前も
花火やったじゃん

覚えてないじゃん

20070816234111.jpg



♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=3gVfpHlK7e0

最初の30秒くらいは音が無くて
驚いたりしたかもww

考えさせられたりしますなぁ
むむぅ

いくら夏が好きでも今日は暑過ぎだろ?と思った方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-16(Thu)

14日に
近所でお祭りがありました

近所ということはー
田舎のお祭りであります

なにやら
屋台の骨組みっぽい物が

お寺の駐車場に
お祭りの数日前より登場

おっ?
今夜が祭りかっ?

早速
メールで確認

ご協力ありがとうですっ

おりょ
14日でやんすかっ

まだ日にちがずいぶんあるじゃん

準備早っ


13日は
実家なんぞに行って来た訳ですが

帰宅途中に
お祭り会場をちらっと見ると

あらら
ちょうちんもついて

なにやら
踊ってる人もいる



お祭りって
明日のはずですが?

気合入ってます


待望の14日に

うっかり夕飯が遅くなり

7時過ぎに
徒歩でお寺へ

西側の山に夕日が沈んだ後で

ちょうど頭の上の空は濃い青

西に向かうにつれて

水色
薄い黄色
オレンジ色と

紫がかった灰色の雲が
縞模様の様で

歩いて来てよかったなぁと

新しく出来た
くねくね道を下って

とことこ

たまには
夕暮れ過ぎを歩くのもいいねぇ

とことこ

帰り道には
星空が頭上で

きらきら

もう覚えたよ
赤い星がアンタレス

カシオペヤ座と
北斗七星も見えるね

くねくね道を
曲がって上って行く度に

違う星座が見えるね

だが
しかしだ

他の星座がわからないっ

星と星と星

それじゃあ
記憶が薄いよねぇ

うむぅ

勉強せないかんなぁww

20070816004124.jpg


<空に映った雲の影>

うむぅ
時間だけは
いっぱいかかってしまったかも

今ね

1階の廊下で
虫かごに入ったカブトムシが暴れてて

かさかさ
ごそごそ

ああ
なんだかこわいよぅw


♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=VXtCAP48sNQ&mode=related&search=

山崎まさよし特集になってきましたなぁww

ついつい
気に入ると同じ人の曲ばっかり聞いちゃうねぇ

しみじみー♪


山崎まさよしとモト冬樹って似てるかも?と思われる方は

↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-14(Tue)

ガムテの使い道

20070814232021.jpg

2007-08-14(Tue)

昨日は
実家なんぞに
行って参りました

お盆くらいには
顔ださないと

ご先祖に
たたられそうです

今では
思い出すことも少なくなった
父の仏壇に手を合わせ

父が亡くなった時に
生後1ヶ月だったチビ①が

「ママを大きく育ててくれてありがとう」と

亡き父の仏壇に向かって
話しかけておりました

相変わらず
ずれてるねぇチビ①は

それを聞いた母も
笑っておりました

嫁ぐ前

迎え火をたくのと

キュウリの馬と
ナスの牛を作るのは

私の仕事でした

何の疑問もなく
昨日もキュウリとナスを渡され

チビ達には
あまり見慣れない

キュウリの馬と
ナスの牛

最近は車で帰ってくるらしいから
ミニカーでもいいんじゃない?

なんて言ってみたら

母がさくっと
却下

はい
ごめんなさい

冗談です

母と共に
玄関で迎え火をたき

色々あったねぇと

古い記憶を
引っ張り出して

色々あって
今があるからねぇと

卓越しとるなぁと

感心

その域に達するまでは

まだまだ
年月と経験が足りそうにない私

今回の迎え火は
おそろしくよく燃えて

あっと言う間に
灰になり

もう少し
話がしていたかったなぁと
思ったりした

お盆でありました


♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=43w0CU5efBI

確かドラマの主題歌だったかも

なぜか
歌詞がおぼわりませんww

老化かっ?
気合が足らんかっ?w


うっかり歌詞に聞きほれてしまったりする方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-12(Sun)

夏休み

20070812232024.jpg

2007-08-12(Sun)

突然ですがっ
ここで一句

夕焼けが 入道雲に 紅をさす

はい
見たままであります

昨日の夕方
夕日を左手に車で帰宅

時刻は
午後6時20分

目の前
つまり北の空には

逆三角形の雲と
その手前に入道雲が

家に近づくにつれて

黄色から
オレンジ
ピンク色へ

地上には

整然と並んで伸びる稲の葉先が
夕日に照らされて

ゆるい風になびいてて
ちらちらと光ってる



あんな所に公園ってあったんだねぇ
お祭りやってるよ

色とりどりの浴衣と
にぎやかな提灯

脇見運転
事故の元

はい
気をつけて
運転しますよー


やっぱり雲を
ちらちら見ながら運転

途中の道がね

道の両側のに生えてる木が
まるで緑のトンネルみたい

ちょうど
上り坂で

その
短い緑のトンネルを抜けたらね

さっきの三角の雲が

色を変えて
目の前に

おどろいた

雲がこっちに流れて来たのと
私が雲の方に進んだのとで

さっきよりも
大きく見たんだろうね

あの雲は

きっともっと
綺麗に染まるはず

そう思いながら

脇見運転


今でも
覚えてる

中学生の時に見た
サーモンピンクの夕焼けに染まった雲

夏休みの思い出を
担任に聞かれて

その雲の話をしたところ

「あなたはロマンチストね」と言われた

先生っ
ロマンチストってなんですか?

そんな
間抜けな少女時代

おいおい

今でもあんまり脳みそ進歩しとらんぞ


帰宅後に花とコケに水をやりつつ

雲を眺める

まだまだ
綺麗に染まるはず

水をやり終えて

また眺める

そうそう
この色だ

私が見たかったのは
この色の雲

懐かしくて美しい

家に入ってからも
窓の外を気にしてたんだけど

やっぱり美しいのは
一瞬で

それぞれの
瞬間の良さというのは
常にあると思うけど

今日は答えを待ってた感じ

ふと気づくと
窓の外は真っ暗で

その時刻は
午後7時20分

たった1時間の
出来事なんだなぁと

ちょっと
びっくりした
夕焼け日記であります

♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=qAHyiJWw7ws&mode=related&search=

絶対に探しすぎだと思う

思いっきり探してるもんww


探しすぎだと思う方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-11(Sat)

ずいぶん前の日記に

トレニアなる
花のことを書いたんだけどね

こぼれ種なんかじゃ
増えやしないってね

しかしだ

増えたよ

しかも
すごいいっぱい

花屋のおじさんは
紫色の花の方が
発芽率が高いって言ってたけどね

とんでも
ありません

ピンク色のトレニア

大増殖

はじまりは
まだ梅雨時のお話

なんだか
コケの間から

いっぱい
ぎざぎざの葉っぱの
芽が出てきたなぁと

よくよく見ると

トレニアに似てない?

やたー♪
うれしー♪

でも
出るわ出るわ

ぞろぞろと芽が

後日
かわいらしく育った芽達をね

よっしゃー♪
植え替えしよっ♪

すぽっと抜いてー
さくっと植えるー

すぽっ
さくっ

すぽっ
さくっ

ああ
めんどくさいっ

一体
何本あるんだよぅ


とりあえず

抜くだけ抜いて
後から植えようと

すぽっ

すぽっ

ああ
ちっとも減ってる気がしないっ

とりあえず
大きそうな芽だけを抜いて

植木鉢と
プランター×2に移植

さくっ

さくっ

ぬぁあああ
耐性の無い私

最後のプランターの
残り半分の土にね

残りの芽を全部

蒔いてみたっ♪

んで
土をかけてー

完了っ♪

なんて
横暴なガーデニング

種じゃなくて

芽を蒔くっ

でもさぁ
植物ってすごいよねぇ

土の中から
復活した芽もあったりして

気合入ってんなぁ

尊敬だっ


20070811001808.jpg


<沈むまで見てた夕焼け>

一昨日

花に水をやりつつ
友達にメールを送りつつ

夕焼けを見てたのね

しばらく外で見てて
家に入ったんだけどね

窓から見える
オレンジ色の光が

気になって
気になって

二階の窓から見てみた

ちょっと眺めて
ほかごとをして

また窓に戻る

そしたらね
ちょうど山に夕日が沈む時で

なんて綺麗

一人で
窓にはりついて

沈むまで見てた

完全に
怪しいよ私ww


♪今日の気分なサイト♪

http://news.livedoor.com/article/detail/2529057/

先日見てた
写真の本にのってた話

よかれと思ってしたことが
とんでもない結果になってしまった

最悪の一例だねぇ

なんとかなるといいとは思うけど
どうしたらいいのかは分からない

学者さんとか研究者さんとか
頑張って下さいっ


トレニアって根性あるなぁと思われた方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-09(Thu)

車の調子がっ

困ったことに
悪いのです

停止中に

ぶぅん


いきなり回転数が上がって

マテ
勝手に進むな状態

ああ
こわい

てことでー
スタンドへ行きますわなぁ

その道中も
挙動不審なエンジン

あああ
こわい

思うように動くはずの物が
動かないってこわいよねぇ

しかも
勝手に動く

ほとんど
ホラー

スタンド到着


とりあえず
オイル交換しとくか

なに?
洗浄もしろって?

はいはい
何でもやっちゃってくださいよー

待ち時間の予定40分

なげぇよ

しゃーねー
本でも読むかのぅ

また
かわった品揃えな本達で

AKIRA
ナウシカ
航空写真の本
近くのお店とかな雑誌
カーグラフィック
イギリスの雑貨
DVD紹介な本
イラスト集

後は
何だったかなぁ

とにかく
何を読もうかと悩む
個性的な本達

はじめは
イギリス雑貨からいくかー

ふむふむ

はい
読み終わったよ

早っ

次は
どなたかさんのイラスト集で

ほへー
ちょいキモ

はいはい
読み終わったよ

んで
365日空の旅なる航空写真の本いくかー

流石に
分厚いし重いなぁ

これなら
しばらく時間つぶせそう

ほへ
すごいねぇ自然って

ほほぅ
色とりどりの布を干してる写真
模様みたいですごく綺麗

ほむ
どっかで見たことあるなぁ
この場所

でね
その本

右側のページには
世界各国の空から撮った写真があって

反対側のページには
短い解説文がのってるのね

メキシコのところに
壁画と革命についての事が書いてあった

メキシコで思い出すのが

リベラと
フリーダ・カーロという絵描きさん

メキシコ ルネッサンスの
中心人物で

そりゃ
映画にでもしたくなるっしょーな
人生を送った素晴らしい画家さんですわ

とりあえず
どんな人かはこんな感じ↓

http://k.fine.to/okiniiri/furida2.html

リベラの絵はこんな感じ↓

http://www.nichiboku-kurabu.com/news/ml26/26_02.htm

美術史なんてー
そっくり記憶喪失な私が

珍しく覚えてる
画家さんであります

んとね

小さい頃からお世話になってた画塾の
助手の先生がね

私よりも10歳年上の
なんとも優しげな笑顔の女性だったんだけどね

その先生が
フルーダカーロが好きだと

当時はまだ幼かった私
どなた?な状態で

フリーダの描いた自画像の資料を
見せてもらったら

あらびっくり

眉毛つながってるし
うっすら口ひげ生えてる

忘れられない
印象的な顔

夢に出てきそうなくらいに
強烈な顔

でも
写真見るとすげー美人じゃん

いあいあ
絵の中でも美人だけどね

でね

次に
そのフリーダ・カーロについてな話に出会ったのが

某市の美術館で
子どもと絵を見るというワークショップの
インストラクターなバイトの時でね

2回やったんだけど

これもまた
おもしろいバイトだったんだよねぇ

またいつか日記に書こう
そうしよう

今日 思い出しましたという
日記としてねっ

その美術館

エコールド パリと
メキシコ ルネッサンスについて集めててね

モディリアーニの絵を
すっごい高額で落札して
話題になったりしてたなぁ

当然
常設展示室の目玉になってる訳で

ちょっくら
勉強しないといかんかった訳で

でも
すっかり記憶消去

うっかり消去をまぬがれたのが

リベラとフリーダ・カーロだったりしてww


むむ?
スタンドでの待ち時間な話だったよなぁ

今日もまた話が脱線したねぃ


その分厚い本を読んだ後
雑誌を数冊見て

作業完了

しかしだ
ホラーなエンジンは直っておらず

ちっ

こわいよぅ

ホラーな車
こわいよぅ

直さないと乗れませんっ

こわくてww


夏でも怪談がお嫌いな方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-09(Thu)

昨日の午後4時

水曜日も
お絵かき教室であります

いいお天気で

うむぅ
水曜日メンバーは
ちょっくら遅れてくるのが常で

よっしゃ
ちょっくら外でて

雲でも眺めるかなっ

おー
今日もまぶしいねぃ

くらくらだ

じりじりだ

紫外線だ

真っ黒だ


生徒ちゃんだ

今日は時間通りだねぃ

いらっしゃーいっ
暑いねぃっ

何してるんだろ?
暑い中外に出たりして

って
顔してるねぃ

雲見てたんだよ
んで
携帯で写真とってたの

それって
答えになってんのかなぁ

何でそんな事してるかって事の
理由にはなってないよね

まぁ

こまかい事はー
気にしないー

ってことで

疑問を残しつつ
お仕事すたーと

今日は
色画用紙を長く切ったテープで

うっ
何て言うんだろう?

壁飾り?
みたいなのを作ったのね

火曜日クラスは
にぎやかな玉子みたいだったんだけどね


おにぎりができてみたり

なぜか星に
味付け海苔みたいな眉毛がついてたり

ぷぷぷ
おもろっ


残った時間で
学校からの課題のポスターを仕上げて

さくっと終了

おりょ
気づくと6時過ぎてるじゃん

お母さんが心配するから
急いで帰るべし

んじゃ
またねぃ

お疲れさんっ

窓からは
金色の光が

おっ
夕焼けかっ?

見送りがてら
お外に ごー♪

むむっ

さっき窓から見た時の
雲の方が綺麗だったかも

ほんのちょっとの時間で
変わっちゃうね


よく見たらだ

家の斜め前の空き地に
生徒ちゃん姉妹が

まだ帰ってなかったんかいっ

おーい
早く帰れよーっ

どうやら
どっちの道から帰るかで
話し合い中だったらしい

そうだねぇ
真っ直ぐ進んだほうが近道だよ

「じゃーねー。」

気をつけて
帰るんだよーっ

ぱたぱたと
元気に走って帰っていきましたわ

斜め後ろから見える
妹ちゃんの顔に夕日が光って

のどかなだなぁと
思ったりした

午後6時過ぎでありました

20070809004353.jpg


<一昨日のまぶしすぎる雲>

であります

うむぅ
上手くまぶしすぎる感じに
描けなかった気がするなぁ

まぁ
そういうこともあるさねー♪


♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=3JHVW6U2dtg&mode=related&search=

人の心の痛みがわかる人になりたいと思う

でも
きっとほんとには分からないんだろうね

だから
思いやりってあるんだろうね

私は
優しい友人達に囲まれてて
嬉しいのです

凹んでる時って
普段よりも一層

優しい人達の思いやりが
温かく心に染みるよね

今は凹んでないけどww

このブログを読んでくれている方々も
リアで支えてくれる大切なお友達も

感謝ですっ
ありがとうですっ


友達って大事だよねぇ 当然だよねぇ と思う方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-07(Tue)

ぬぁー

やっとこさ
ころがる山をUPし終わったー♪

長いね

書いてても
うんざりするほど

長いね

でも
ころがる山を書いたのは
昨年の10月だったりして

スケッチブックに
つらつら書いた落書き絵本であります

そいえば

日記を書き始めたのが
昨年の8月だったかなぁ


ころがる山を
読み返してみると

硬いね

てか
普段の日記が

だらだら

まぁ
いいっすー

最近日記書いてなかったから
どうもねぇ

書かないと
忘れちゃうんだよね
日常のもやもやをね


今日の日記ー♪

今日はね
年に数回しかない

お絵かき教室が2コマあるという
午後から がんばっちゃうよな日でありました。

1時30分から3時までクラスと
レギュラーの4時から6時までクラス

3時から4時までの間が
休憩時間

1時30分から来た生徒ちゃんのママが
手作りケーキを持ってきてくれてね

麦茶にケーキなおやつ

もぐもぐ

ご馳走様でしたっ

そいえば
生徒ちゃんを見送った時に
綺麗な雲が出てたんだった

ケーキで充電したし

携帯持って
お外へごー♪

おおー

すげぇなぁ

流石は夏の雲と太陽
迫力満点

当然
太陽は直視できないんだけど

そのまわりにある雲まで
まぶしくて

風で雲が流されて
太陽が隠されても

隠してるはずの雲さえも
まぶしすぎる

雲からこぼれた光が
青い空と灰色がかった雲の上に
筋になってて

目が離せない

まぶしいけどね

次々に変化する
空の表情

圧倒される迫力

ん?
今何時??

やべぇ
3時47分

あとちょっとで
また仕事じゃん



振り返った北東の空に
大きな白い入道雲

もうちょっと見ていたいけど
仕事せないかんな

家に入って
蚊取り線香に火をつけた

煙が長く細く薄く

ゆらゆら

ぐるぐる

立ち上っていく

煙の色って
一色じゃないんだね

茶色がかった灰色だったり
白っぽかったり

黒い玄関ドアだから
煙が普段よりも目立つんだね

ゆらゆら

ぐるぐる

気づいたら
玄関が
蚊取り線香臭い上に

何だか霞んでる

やべっ
4時からまた生徒来るじゃん

もう時間ないしっ

とか言いながら

UCCの114なんて
飲んでみたりして

ごくごく

んで
その後
お仕事したのでありました♪

♪今日の気分な動画♪

http://www.youtube.com/watch?v=FIyqzz9XeEo

ここ最近のお気に入りです♪

むむ
最近じゃないかもww

心に響く言葉ってあるよね♪

うっかり好きな曲を人にどうしても言いたくなる方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


2007-08-07(Tue)

ころがる山⑥

山男は麦畑の道を進んで行きます。
まだ見ぬおダンゴ山を目指して。

何日か麦畑を歩いていくと、オレンジの町に着きました。

「ふぅ、今日もよく歩いたなぁ。」
山男は近くの酒場に入りました。

「いらっしゃい。」

「何か飲み物をお願いします。」
「はい。」

静まり返った酒場のすみで、ひそひそと話しをしている人達がいました。

「マスターはいつ帰ってくるんだろうね。」
「いやぁ、こんだけ帰らないとなると帰ってこんかもしれんぞ。」

「そうかなぁ、一体どこに行ったやら。」
「なんだって、美味しい果物を探してるって話だったよなぁ。」

「グルメだったからなぁ、マスターは。だから酒もつまみも最高だったんだけどなぁ。」
「ほんと、ほんと。早く帰って来ないかなぁ。」

山男は出された飲み物を一気に飲み込むと、店から出て行きました。

(何だか最近は探しものの旅に出てるヤツが多いんだなぁ。まぁおれもそうだが。)

山男はまた歩き出しました。次の町が赤い町です。
今度は川の近くを歩いて行きました。

広かった川はどんどん細くなり、小川のようになりました。
山をいくつも越えました。
そしてやっと、赤い町にたどりつきました。

赤い町は山の上にありました。

どの家の屋根も、夕焼けの太陽のように真っ赤なレンガで飾られています。
壁は白く、まるでおとぎの国のような雰囲気です。

「やっと着いた。」
山男は喜びました。
しかし、目指すはおダンゴ山です。
赤い町の近くとは聞いたものの、赤い町の周りは山だらけです。

「さて、どの山がおダンゴ山だろう。どれも丸くはないようだが。」

地図と見比べてみても、それらしき山はありません。
「おかしいなぁ。まだ地図にものってない山なんだろうか。」

山男は赤い町の門をくぐりました。
そして会う人会う人にたずねてまわりました。

「この近くにおダンゴ山ってありますか?」
「さぁ、どうがかね。こんなにたくさん山があると、名前なんていちいちおぼえてられないよ。」とか、

「さぁ?聞いたことないわねぇ。おダンゴ山ってことは丸いのかしら。
そんなおかしな山は知らないわ。」とか、

「何それ?」という返事ばかりでした。

山男はなんだかさみしくなりました。

そんな山男の心を表すかのように、突然雨が降り出しました。
すごい雨です。

山男は近くの家の軒下に入りました。

思えば長い道のりでした。
山男は必死で歩き続けました。

つかれが頂点に達していたのでしょう。
山男はその場に、ばったりとたおれてしまいました。

物音に気づいたその家のおばあさんは、外に出てみました。
すると、しらない男がたおれているではありませんか。

おどろきつつもおばあさんは、山男に声をかけました。

「もしもし、どうかしたんかね?」
「うっ、ううっ。」

「あらまぁ、これは大変。」
おばあさんは近所の人の手をかりて、山男を家の中へ運び入れました。

山男は何日も眠り続けました。

「ここは?」
目を覚ました山男はびっくりした様子で言いました。

きちんと片付けられた部屋の、ふかふかのベッドの上でした。

「おやまぁ、目がさめましたか。ここは私の家ですよ。
あなた、軒下でたおれていたのよ。覚えているかしら?」

「あ、ああ。そうだったんですか。ありがとうございます。」

「つかれが出たんだねぇ。しばらくは家でゆっくりしておいき。」
優しいおばあさんは、にっこりして言いました。

山男は部屋を見回しました。どうやらここは、男の子の部屋だったようです。
赤いとんがり帽子や、服がかけたままになっています。

「この部屋、使っててもいいんですか?」
山男はおばあさんに聞いてみました。

「ええ。いいんですよ、ごえんりょなく。」

数日後、山男はすっかり元気になりました。
そして山男は、おばあさんにもたずねました。

「この辺におダンゴ山ってのはあるかい?」

「さぁ、知らないねぇ。」

「そうかぁ。」

「私の小さな頃には、おまんじゅう山って呼ばれてた白い山はあったけど、
おダンゴ山は知らないわねぇ。
それにおダンゴみたいに丸い山だったら、ころがっちまうだろうねぇ。」

「ころがる山か。面白いな。まだまだおれは旅を続けるとするよ。
おばあさん、いろいろとありがとう。」

「いいんだよ、気にしないで。」

山男はおばあさんにお礼を言うと、また旅に出ようとしました。
するとおばあさんが山男に言いました。

20070807220203.jpg


「山男さんや、あんた、旅の途中で私の孫に会ったら言っとくれ、私は元気にしとるとな。
白い山に実を探しに行ったまま帰ってこんのだよ。どこで何をしてんだか心配でねぇ。」

「そうか、わかった。会ったら伝えとくよ。」

「あんたも、ころがる山からおっこちないように気をつけてねー。」

そして山男は、ありもしないころがる山を目指して旅を続けるのでした。



終わり
2007-08-06(Mon)

ころがる山⑤

山男は歩き続けたつかれが出たのかベッドに入るなり、ぐーぐーと眠ってしまいました。

先ほどの話を、調理場からこっそり聞いていた人がいました。
コックです。

というのも、この宿屋は、黄色の町の農家のオヤジが泊まっていたのと同じ宿屋でした。

(お客さんはどうやら、虹のしずくを探しているようだ。
さて教えた方がよいものかどうか。)

コックは悩みました。
一晩悩んだ結果、まず山男の話を聞いてみることにしました。

コックは朝食を運ぶために、山男の泊まっている部屋に来ました。
「おはようございます、お客様。今日の朝食はパンとミルクにサラダです。」

「あっありがとう。いただきます。」
山男は、ねぼけまなこをこすりつつ返事をしました。

「ところでお客さん、何やら山をお探しで?」
「えっ、なぜそのことを?」

「おかみさんから聞きました。で、どこの何という山なんですか?」

「赤い町の近くにあるという、おダンゴ山ってとこだよ。」

「赤い町の近くですかぁ。ここからはまだまだ遠いですねぇ。
で、何でその山をお探しで?」

「おれは山男だからな、登るに決まってるだろう。変なこと聞くんだなぁ。
わっははは。」

「そっ、そうですよね、失礼いたしました。
ではごゆっくり、パンはおかわりできますからね。」

「おぅ、いただきます。」

コックは安心しました。
どうやらこの山男、山に登ることしか頭にないようです。

(赤い町の方かぁ。いつか行ってみよう。)

コックは虹のしずくを夢見ながら、宿屋でのんびりと仕事をしています。
いつか旅に出ようと心に決めて。

山男は緑の町を後にしました。
山をこえて、林をぬけ、森を渡って、黄色の町に着きました。
季節はすでに秋になっていました。

畑には麦が実り、風が吹くと黄金の波のようでした。

そんな畑がずっと続くのどかな一本道を、山男は歩いて行きました。
見渡す限りの麦畑の中に一軒の家がありました。
家には母親らしき人と、かわいい子どもがおりました。

「すみません。」山男は農家の奥さんに声をかけました。
「はい、なんですか。」

「赤い町へはこの道でいいでしょうか?」

「赤い町かい?この道で合ってけど、まだまだずっと遠いよ。旅でもしてるのかい?」

「はい、山を探して。」

「へぇー、山かい。あんた山男だね。まぁがんばりなよ。」
「ありがとう、では。」

「ああ、ちょっといいかい?旅の途中で家のダンナを見たら戻ってくるように言ってくれないかい?」
奥さんは山男に写真を見せました。

20070806234824.jpg


「何だかねぇ、よく効く薬の実を探して旅に出たんだけどねぇ。
子どもの病気もすっかり治ったってのに、肝心のダンナが帰りゃしない。
これじゃあ何しに行ったのかわかんないさ。」

「わかったよ、ダンナさんを見かけたら家に帰るように言っとくよ。」

「頼んだよ、よろしくね。」
2007-08-06(Mon)

ころがる山④

何度もけげんな顔をされながらも、山男は商人探しに必死でした。
とうとう20件目の宿屋で旅の商人を見つけました。

妹の話では、やせてる割に頭が大きく七三分けで、細いひげを生やしているとのこと。
見間違えるはずはありません。

「あの、すみませんが。」
「えっ?は、はい。私ですが?」

よくばり商人はおどろきました。
見たことの無い男です。しかも、山男はとても大柄で無精ひげを生やしていました。

「茶店でうちの妹が山の話を聞いたそうで、昨日なんですが。」
「山の話ですかな?」

よくばり商人はびっくりしました。
(さてはこの男、虹のしずくの話をどこかから聞きつけてきたな。
先に見つけられてはまずいぞ。)

と、思った商人はすました顔で言いました。

「えーっと、私もよくは知らないんだ。
あんた、何でそんな山の話が聞きたいんだい?」

「おれは山に登ることに命をかけてるんだ。
登ってない山の話を聞きゃあ探すのが山男ってもんよ。」

山男はにこにこしながら答えました。
商人は少しホッとしました。

「えっと確か、そうそう赤い町の方だって聞いたよ。」
と、言うと商人は旅に出ました。

素直な山男は、明らかに何かをかくしてそうな顔の商人に別れを言うと、
うたがいもせずにさっさと家へ帰って行きました。

商人はそんな山男の様子を見てニヤリとすると、赤い町とは反対の方へと歩いて行きました。

20070806223302.jpg


山男はとても喜んでいました。
山に登るのが何よりも好きな山男です。
荷造りをさっさと済ませると、赤い町向かって歩き始めました。

足取りも軽く、まだ見ぬおダンゴ山のことを思いながら進んで行きました。

まず初めに、緑の町につきました。
山男は近くの宿屋で休むことにしました。

「いらっしゃい旅の人、ごゆっくりね。」

優しい宿屋のおかみさんが声をかけてきました。
にっこりと笑顔で出迎えてくれたおかみさんに、
山男はさっそく聞いてみることにしました。

「おダンゴ山って知ってるかい?」

「おダンゴ山?うーんと、どっかで聞いたことにあるような気もするけど。
でも近くにはないわよ。えーっと、どこで聞いたのかしら?」

「そうですか。おダンゴ山があるってことがわかっただけでもありがたい。
今日はもう休みます、おやすみなさい。」

「はい、ゆっくりと休んで下さいな。おやすみ。」

20070806225357.jpg

2007-08-05(Sun)

ころがる山③

20070805225234.jpg


しかし、この話をものかげから聞いていた人がいました。
たまたまホテルにお茶を飲みに来ていたよくばり商人です。

「おダンゴ山の虹のしずくかぁ。こりゃあひともうけできそうだな。」

商人はいつもお金持ちになることを夢見ていました。
いつか大きなビジネスを成功させて、
誰もがうらやむようなぜいたくな暮らしをしたいと思っていました。

虹のしずくの話は、前に少し耳にしたことがある程度でしたが、
それは高価な果物で王様ですら手に入れるのは難しいとのこと。

ホテルでもお茶を終えると、さっそく商人は旅に出ました。

商人がしばらく歩いて行くと、青の町に着きました。
一休みしようと、承認は茶店に入りました。

「いらっしゃいませ。」
中から元気な女の子が飛び出して来ました。
今日は特別に忙しい日だったので、たまたま手伝いに来てた子です。

「ちょっといいかな。」と商人が声をかけました。
「なんでしょう。」

「おダンゴ山って知ってるかな?」
「さぁ?そんな山は聞いたことないわよ。お客さん、何でそんな山をさがしてるの?」
女の子は気になって聞いてみました。

「な、なぁに。ちょっと聞いてみただけさ。」
商人がドキドキしながら答えました。
高価な虹のしずくの話です。そうそうたやすく人に話すわけにはいきません。

20070805231611.jpg


「ふぅん。そう。」と女の子は答えました。
女の子は商人の話が少し気になりました。

(おダンゴ山にはきっと何かあるに違いないわ。
見たところ旅の人だし、一体何をさがしているのかしら?)

女の子は仕事から帰ると兄にその話をしました。

「今日ね、店に何だか変なお客さんが来たのよ。
おダンゴ山は知らないか?って聞かれたわ。」

「おダンゴ山?」

「そう。おダンゴ山って変な名前よねぇ。しかもダンゴってことは丸いのかしら?
見たこと無い人だったから、多分旅の人ね。」

「うーん。」

この女の子の兄は、山が大好きの山男でした。
山男は、有名な山なら全て登ったことが自慢でした。

(おダンゴ山、丸い山。)

山男はそんな名前の山は聞いたことがありませんでした。
家の中にある全ての地図をひっぱり出して探しても見つかりません。

山男は、妹が会ったという旅の商人に聞いてみることにしました。
しかし何しろ旅の商人です。まだ青の村にいるとは限りません。

次の日の朝早く、山男は青の村にある宿屋をかたっぱしから探しました。

「旅の商人はいませんか?」
2007-08-05(Sun)

ころがる山②

一体どのくらい歩いたでしょうか。
もともと体の丈夫な農家のオヤジは、かなり遠くの緑の村につきました。
村の門をくぐると突然、すごい雨が降り出しました。
おどろいたオヤジは、思わず近くの宿屋に飛び込みました。

「あらまぁお客さん、びしょぬれですよ。」
優しい声で宿屋のおかみさんが出むかえてくれました。

農家のオヤジが黄色の町から来たことを話すと、おかみさんは
「ずいぶん遠いところから大変でしたねぇ。またお一人で旅行ですか。」
と聞きました。

「ほれ、あの、そうそうおだんごみたいな山にはな、
どんな病気もたちどころに治るというすげぇ実があるらしいんだ。しかも虹色らしい。
おれは子どもに、それをどうしても食わせてやりたくて旅に出たのさ。」

20070805223206.jpg


「へぇー。ダンゴ山の虹の実ねぇ。聞いたことないわ。
長い間この仕事やってるけどそんな噂知らないわよ。」

農家のオヤジが言いました。
「そりゃそうだ。おれだってこの前初めて聞いたんだ。」

「虹の実だって?」料理場からコックが出てきました。
「それってもしかして虹のしずくのことかい?」

「虹のしずくって?」おかみさんが聞き返しました。

「虹のしずくっていやぁ、そりゃめずらしい果物だよ。
おれも実物を目にしたことはないねぇ。伝説の実と呼ばれるくらいさ。」

と、コックが言いました。農家のオヤジは驚いて、
「そんなに手に入りにくいものだとは思わなかったよ。」
がっくりと肩をおとしてしまいました。

今度はコックが、虹のしずくについて気になってしかたありません。
さっそく次の日、調理人仲間のシェフのところに行きました。

シェフは宿屋の近くにある大きなホテルのレストランで働いていました。
コックはシェフの休み時間に、こっそりと呼び出しました。

20070805224301.jpg


「めずらしいなぁ。お前がたずねてくるなんて。」
「いやぁ。うちの客でな、虹のしずくについて話をしてた男がいたんだよ。」

「えっ?あの虹のしずくが??」
「しぃーっ。声がでかいよ。」
「すまんすまん。しかしあの虹のしずくが見つかったとなりゃ、かなりの高値で売れるだろうな。」

「そうなんだよ。どうだい?おまえに行く気があるなら、おれも旅に出ようと思うんだが。」とコックが言いました。

「うーん。」シェフはしばらく考えていました。
「やっぱりやめとくわ。」

「えっ。何で?」とコックが聞くと、
「いやぁ。もうすぐ赤ちゃんが生まれるんでね。」とシェフは照れ笑いをしながら答えました。

「そうかぁ。おめでとう。
おまえさその気になりゃ、いつでも一緒に出かけるからよろしくな。
そうそう、おダンゴ山ってところらしいぜ。」

コックはそう言うと帰って行きました。

2007-08-05(Sun)

ころがる山①

「ころがる山」

20070804232415.jpg


赤い町に一人の男の人が住んでいました。
男の人には、おばあちゃんがおりました。
おばあちゃんは男の人が子どものころから、毎日同じ話をしました。

TS340277-1.jpg


「おばあちゃんの小さなころに住んでいた村にはね、おまんじゅうみたいに白い山があったんだよ。
山のふもとには虹の色をした、よい香りの花が咲いているのさ。
その花は秋になるとそれはとても美味しい実をつけるんだよ。
その実を食べると、どんなに大泣きしていた子でもケラケラ笑い出すほどさぁ。」

男の人はその実が食べたくて仕方がありませんでした。
そして、歳をとって旅ができなくなったおばあちゃんに、もう一度その実を食べさせてやりたいとも思いました。ある日赤い町の男は旅に出ることにしました。
虹の実をさがしに。

20070804232228.jpg


雨が降りました。
夏の暑さにくじけそうになりながらも進みました。そしてオレンジの町にたどりつきました。

赤い町の男は酒場の主人にたずねました。
「おまんじゅうみたいな山は知らないか。」
「さぁ、私は見たことも聞いたこともありませんが。」
「そうか。」

赤い町の男はがっかりしました。
今までにその山について知っている人には、誰一人として出会ってないからです。

「その山がどうかしたのですか。」
「いや、ふもとに虹の花が咲くらしいんだよ。泣く子もだまるほど美味しいらしい。
おれはどうしてもその実を手に入れたいんだ。」
「そうですか。お力になれなくて残念です。」

20070804233317.jpg


数日後、赤い町の男はまた旅に出ました。
ところが今度は、酒場の主人が虹の実のことを気になり始めました。
「一体どんなに美味しい実なのだろう。」

気になって眠れません。
「きっと、さわやかで甘く、香りの良い実なんだろうな。」

食いしん坊の酒場の主人は決意して、店を閉めて虹の実をさがす旅に出ました。
しばらく歩くと黄色い町の農家にだどりつきました。
太りすぎがたたってか、酒場の主人はすでにぐったりとしていました。

「どうかなすったかい。だんなさん。」
農家のオヤジが声をかけてきました。

「いや。どうしてもほしいものがあって旅に出たのだが。
日ごろの無精がたたってか、もう疲れてしまったのさ。」

「へぇーどうしてもほしいものってやつは一体何でやんすかねぇ。」

「虹の実だよ。おまんじゅうみたいな丸い山で、そこにあるらしい。
それは泣く子もだまるほどのすごい味なんだそうな。」
酒場の主人はうっとりとしながら話をしました。

「へぇーそんなもん見たことも聞いたこともねぇなぁ。」
農家のオヤジは答えました。

酒場の主人は礼を言うと、フラフラしながらどこかへ行ってしまいました。

20070804234801.jpg


さて、農家のオヤジはと言うと。
「そんな泣く子もだまるようなすごい味の実を何でさがしてるんかなぁ。」

と、真剣に考えていました。考えて考えて、考えるほどわかりません。
そして、奥さんに聞いてみることにしました。すると答えはこうでした。

「すごいまずい実をさがしてるって。そりゃぁきっと薬だね。
ほら、良薬口に苦しって言うだろう。」

「ほぉーそうか。」
農家のオヤジは納得がいったようです。

「薬かぁ。」

20070804235157.jpg


実はこの農家には病気がちの子どもがいました。オヤジはその子が心配で心配でなりません。

そしてある日、オヤジは旅に出ることにしました。
奥さんが止めるのも聞かず、おまんじゅう山の虹の実をさがす旅へ。



②へ続く
2007-08-04(Sat)

先日

川遊びをしに
隣の市まで行きますた

ええ
山に住んでますよ

不便で
田舎で
過疎ですよ

でもだ
近所に川遊びができるような
清流はなく

ドライブがてら
行ってきますた

さくっと
到着

靴と靴下を脱いで
足だけ川に入ってみた

冷たいっ

さすがだねぃ

しかも
サンダル履いてないから

痛いっ

早々に岸に上がって
いつものごとく空を見上げたのね

川幅があんまり広くないから
上を見上げるとね

両岸の木々にはさまれた空が
水色の道みたい

上空の方はね

ナイロン綿を薄く広げた雲が
やわらかな水色の空を飾ってて

下の方の空はね

灰色とか
白とか様々で

大きい雲やら
小さい雲

太陽が透けて見える様な
薄い雲

雲の陰が地面にできるほどの
厚い雲

いろんな雲が
ものすごい速さで流れてた

台風が来てたからねぇ

でも
すごい速度

風で飛ばされてるって感じ

雲も自分では動けないんだよねぇ
風の都合で動かされてるんだよねぇ

もさーっと見てたら

上空の雲の中を
飛行機が

白く光って飛んでる

飛行機雲が
とぎれとぎれに出来てて

空ってね

やっぱり自由って気がするなぁって
思ったりした

自由ねぇ

もう少し自由が欲しいなぁって
きっと皆思ってるんだろうね

私だけじゃなくてね



ちょいと思った

人が人と接する時ってね
例えそれが たった一人の相手だったとしてもね

自由って
ぽろぽろと
こぼれ落ちていく気がする

相手を思って合わせる事
思いやる事

逆に

誰かを引きずってしまう事
気を使わせてしまう事

でも
相手を思いやらないとかな
マイナスな自由もあるのかも

むむ?
それじゃ
自由って何だ?

自分だけが
好き勝手に行動したいと思う事は

多分
ただのわがまま

わかってますよ
そんな事

でも
わがままがしたい時も
あるのでありますよ

20070804000042.jpg


<曇りの日の雲と太陽>

でありますっ

必要以上に描くのに時間がかかった
絵であります

写真加工じゃないよん
PCで描いてるであります

その日の午後は
私好みの雲がいっぱいあってね

助手席から
携帯でばしばし写真とってみた

むふふ
満足っ♪

またいつか描こう♪

相変わらず携帯の調子が悪いのでー
しばらくは写真がUP出来ないのでー

ちょうど
絵を描くいい機会であります

れっつお絵かきっ♪


♪今日の気分な絵本♪

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=6468

ブログランキングのカテゴリーが絵本なのにー

連日 絵本と関係ないことばっかりなのでー

たまには
好きな絵本でものせてみた♪

長新太さんの絵は
大好きですっ

意味不明のお話も
かなり大好きですっ


意味不明系の絵本がお好きな方は
↓ぽちっとお願いしまっすw


プロフィール

necona

Author:necona
自宅で子ども向けの
お絵かき教室をやってます~
PCで ちまちまと
空の絵とか描いてます

読まれた方はコメント
もしくは ぽちっを
お願いいたしますっ♪

リンクはフリーであります
でも リンクして頂けたら
こっそりと教えて下さいっww

なお 画像の無断転載は
ご遠慮下さいです

最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

最近のコメント
リンク
カテゴリー
あし@
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。