--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-07(Tue)

ころがる山⑥

山男は麦畑の道を進んで行きます。
まだ見ぬおダンゴ山を目指して。

何日か麦畑を歩いていくと、オレンジの町に着きました。

「ふぅ、今日もよく歩いたなぁ。」
山男は近くの酒場に入りました。

「いらっしゃい。」

「何か飲み物をお願いします。」
「はい。」

静まり返った酒場のすみで、ひそひそと話しをしている人達がいました。

「マスターはいつ帰ってくるんだろうね。」
「いやぁ、こんだけ帰らないとなると帰ってこんかもしれんぞ。」

「そうかなぁ、一体どこに行ったやら。」
「なんだって、美味しい果物を探してるって話だったよなぁ。」

「グルメだったからなぁ、マスターは。だから酒もつまみも最高だったんだけどなぁ。」
「ほんと、ほんと。早く帰って来ないかなぁ。」

山男は出された飲み物を一気に飲み込むと、店から出て行きました。

(何だか最近は探しものの旅に出てるヤツが多いんだなぁ。まぁおれもそうだが。)

山男はまた歩き出しました。次の町が赤い町です。
今度は川の近くを歩いて行きました。

広かった川はどんどん細くなり、小川のようになりました。
山をいくつも越えました。
そしてやっと、赤い町にたどりつきました。

赤い町は山の上にありました。

どの家の屋根も、夕焼けの太陽のように真っ赤なレンガで飾られています。
壁は白く、まるでおとぎの国のような雰囲気です。

「やっと着いた。」
山男は喜びました。
しかし、目指すはおダンゴ山です。
赤い町の近くとは聞いたものの、赤い町の周りは山だらけです。

「さて、どの山がおダンゴ山だろう。どれも丸くはないようだが。」

地図と見比べてみても、それらしき山はありません。
「おかしいなぁ。まだ地図にものってない山なんだろうか。」

山男は赤い町の門をくぐりました。
そして会う人会う人にたずねてまわりました。

「この近くにおダンゴ山ってありますか?」
「さぁ、どうがかね。こんなにたくさん山があると、名前なんていちいちおぼえてられないよ。」とか、

「さぁ?聞いたことないわねぇ。おダンゴ山ってことは丸いのかしら。
そんなおかしな山は知らないわ。」とか、

「何それ?」という返事ばかりでした。

山男はなんだかさみしくなりました。

そんな山男の心を表すかのように、突然雨が降り出しました。
すごい雨です。

山男は近くの家の軒下に入りました。

思えば長い道のりでした。
山男は必死で歩き続けました。

つかれが頂点に達していたのでしょう。
山男はその場に、ばったりとたおれてしまいました。

物音に気づいたその家のおばあさんは、外に出てみました。
すると、しらない男がたおれているではありませんか。

おどろきつつもおばあさんは、山男に声をかけました。

「もしもし、どうかしたんかね?」
「うっ、ううっ。」

「あらまぁ、これは大変。」
おばあさんは近所の人の手をかりて、山男を家の中へ運び入れました。

山男は何日も眠り続けました。

「ここは?」
目を覚ました山男はびっくりした様子で言いました。

きちんと片付けられた部屋の、ふかふかのベッドの上でした。

「おやまぁ、目がさめましたか。ここは私の家ですよ。
あなた、軒下でたおれていたのよ。覚えているかしら?」

「あ、ああ。そうだったんですか。ありがとうございます。」

「つかれが出たんだねぇ。しばらくは家でゆっくりしておいき。」
優しいおばあさんは、にっこりして言いました。

山男は部屋を見回しました。どうやらここは、男の子の部屋だったようです。
赤いとんがり帽子や、服がかけたままになっています。

「この部屋、使っててもいいんですか?」
山男はおばあさんに聞いてみました。

「ええ。いいんですよ、ごえんりょなく。」

数日後、山男はすっかり元気になりました。
そして山男は、おばあさんにもたずねました。

「この辺におダンゴ山ってのはあるかい?」

「さぁ、知らないねぇ。」

「そうかぁ。」

「私の小さな頃には、おまんじゅう山って呼ばれてた白い山はあったけど、
おダンゴ山は知らないわねぇ。
それにおダンゴみたいに丸い山だったら、ころがっちまうだろうねぇ。」

「ころがる山か。面白いな。まだまだおれは旅を続けるとするよ。
おばあさん、いろいろとありがとう。」

「いいんだよ、気にしないで。」

山男はおばあさんにお礼を言うと、また旅に出ようとしました。
するとおばあさんが山男に言いました。

20070807220203.jpg


「山男さんや、あんた、旅の途中で私の孫に会ったら言っとくれ、私は元気にしとるとな。
白い山に実を探しに行ったまま帰ってこんのだよ。どこで何をしてんだか心配でねぇ。」

「そうか、わかった。会ったら伝えとくよ。」

「あんたも、ころがる山からおっこちないように気をつけてねー。」

そして山男は、ありもしないころがる山を目指して旅を続けるのでした。



終わり

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

necona

Author:necona
自宅で子ども向けの
お絵かき教室をやってます~
PCで ちまちまと
空の絵とか描いてます

読まれた方はコメント
もしくは ぽちっを
お願いいたしますっ♪

リンクはフリーであります
でも リンクして頂けたら
こっそりと教えて下さいっww

なお 画像の無断転載は
ご遠慮下さいです

最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

最近のコメント
リンク
カテゴリー
あし@
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。